Profile

Join date: Jun 4, 2022

About

【第106回日本選手権展望】女子短距離編:東京五輪4×100mリレー日本代表の兒玉・青山・齋藤・鶴田、最速スプリンターに輝くのは!?

「秋田は初めてで楽しみにしてきた」陸上日本選手権混成、選手が練習|秋田魁新報電子版


LIVE 🔴📺🏃‍♀️👉 https://athelatics.xyz/tv/


LIVE 🔴📺🏃‍♀️👉 https://athelatics.xyz/tv/


「第106回日本陸上競技選手権大会」が6月9〜12日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開催される。今回は、7月15〜24日にアメリカで行われるオレゴン世界陸上競技選手権大会の日本代表選手選考競技会を兼ねており、5月7日に実施された男女10000mと、6月4〜5日に実施される男女混成競技(十種競技、七種競技)を除くトラック&フィールド34種目(男女各17種目)の決勝が組まれるタイムテーブル。2022年度日本チャンピオンの座が競われるとともに、2024年パリオリンピックに向けた最初のビッグステージとなる世界選手権の出場権を懸けた戦いが繰り広げられる。


オレゴン世界選手権の出場資格は、昨年の東京オリンピックと同様に、ワールドアスレティックス(WA)が設定した参加標準記録を突破した者と、各種目におけるターゲットナンバーを満たすまでのWAワールドランキング上位者に与えられる。日本における選考は、日本陸連が定めた代表選考要項(https://www.jaaf.or.jp/files/upload/202112/16_191504.pdf )に則って進められるため、日本選手権で即時内定を決めるためには、3位以内の成績を上げたうえで、日本選手権での競技を終えた段階で参加標準記録を突破していることが条件。まず、これを満たした競技者が、第1次日本代表選手として大会翌日の6月13日に発表され、以降、条件を満たした段階で随時追加がなされ、参加標準記録有効期間が終了する6月26日以降に、全代表が出揃うことになる。


【ライブ放送】 第106回日本陸上競技選手権大会ライブ放送生中継2022年6月4日

More actions